帝人ナカシマメディカルについて 帝人ナカシマメディカルについて
  • 会社概要・営業所
  • 社長挨拶・企業理念
  • ヒストリー
  • 品質管理
  • 採用情報
  • 社会貢献
  • 課外活動
E-mailでのお問い合わせ営業所のご案内

社長挨拶

運動器の領域で、
豊かな社会の実現を目指して

帝人ナカシマメディカル株式会社
代表取締役社長 横田 勝彦

船舶用プロペラに世界トップシェアを有するナカシマプロペラの高度な金属加工技術を応用し、整形外科インプラント業界に参入したのが30余年前となります。事業開始以来、国内の先生方にご支援を頂きながら日本人に適した製品を開発し、多くの患者様に製品を提供させて頂いて参りました。

2015年に、帝人株式会社の出資によって帝人ナカシマメディカル株式会社が発足し、2018年にはセンチュリーメディカル株式会社からの脊椎事業の譲渡を受け、関節、外傷、脊椎の分野に亘る総合的な整形外科インプラントメーカーとして歩みを始めました。また、2022年には、KiSCO株式会社より外傷・脊椎事業を吸収分割し、さらなる事業基盤の強化、事業拡大の加速を進める所存です。

我が国は、世界に誇る長寿国であるがゆえに、高齢者の方々が自立した生活を送ることができる健康寿命の延伸という大きな課題を有しております。また、当社が提供する製品は、患者様の体内で機能する重大な責務を負うものであるのと同時に、患者様に新たな可能性を提供できものであると認識しております。国産企業だからできること、すべきことを認識し、運動器の領域で貢献する企業として、患者様のQOL (Quality of Life)向上のため、ひいては豊かな社会の実現のために、企業理念のもと最大限の努力を重ねて参ります。

企業理念

Corporate Slogan私たちの信念

からだが動く。こころが動く。

人は体を動かすことで、生きる喜びを感じます。この先、どんなに世界が変化してもきっとこの根源的な喜びは変わることがないでしょう。私たち帝人ナカシマメディカルは、体の動きを支えるだけでなく、その心が生き生きと活動できるよう、人の人生を見つめ最適な答えを出し続けることを使命とします。一人の喜びが広がり、たくさんの喜びが集まることで、豊かな社会になると信じています。「できない」が「できる」に変わるとき、「できる」が「もっとできる」に変わるとき、社会はまた新しい可能性で満ちていきます。私たちの事業の先には、そんな未来があります。

Mission 存在意義

運動機能の回復や向上に、「最適化」という私たちらしい答えを。

Vision 目指す未来

からだを自由に動かせる喜びを一人ひとりに提供し、可能性に満ちた社会を創ります。

Value 行動指針

患者さんを想う 誰かの人生を創る尊さと責任を理解し、相応しい行動をとる/本質を問う「あたりまえ」を疑い、より抜本的な課題解決を目指す/自ら変化を起こす 小さな改善から大きな変革まで、主体的に変え続けていく/チームがその仕事を強くする 一人では不可能なことも、仲間と共に成し遂げる/

このページのトップに戻る